セノッピーを飲んでもいいのは何歳まででしょうか?お年寄りはどう?

いったい何歳から何歳までセノッピーを食べてもいいのでしょうか?

6歳以上であれば、普通に食べても問題ないため、自力で食べることができる人であれば、何歳であろうと問題なく食べられます。
それこそ100歳を超える高齢者でも、ご飯が普通に食べられるのであれば、セノッピーを食べても構いません。

しかし、高齢者がセノッピーを食べても背が伸びたり、体重が増えたりするといった結果は期待できないでしょうね。
セノッピーには、ボーンヘップやカルシウム、アルギニンなどが配合されていることから、高齢者に多い骨粗鬆症への対策としては役立つものと思われます。

もちろん、高齢者だけでなく、成人の男女がセノッピーを食べ続けたところで、個人差はあるとしてもカラダが大きくなる可能性は低いでしょう。
成長期が遅い人だと二十歳を過ぎても成長する場合が有るため、全くのムダとはいいませんが、中年をすぎると、さすがに難しいと言わざるを得ません。

セノッピーを成長するための栄養補給の目的で食べるというのであれば、第二次性徴期が終わるまでが一つの目安と言えます。

身長が伸びるのは、骨の両端にある「骨端線」という軟骨部分の膨張によって起こりますが、この骨端線の膨張が終わると身長は伸びません。
第二次性徴期は、男性が17~18歳前後、女性は15~16歳前後に終わることが一般的です。

セノッピーを食べるのは6歳からがいい?

セノッピーは「第二次性徴期が終わるまで」に食べさせたほうがいいわけですが、販売元では最年少として6歳から食べるようにおすすめしています。

3歳ぐらいからでもセノッピーを食べるだけであれば可能ですが、6歳以下は飲み込む力が弱い上に、乳歯も十分に成長していないため、セノッピーを食べると喉につまらせるおそれがあります。

3歳~6歳の幼児にセノッピーを食べさせる場合は、喉につまらないようにするために、事前に細かく刻んでおいたり、食べる様子を常に監視したほうがいいでしょう。
セノッピーが喉につまった場合には、背中やお腹を強く叩いて、吐き出させるようにしてください。

生まれてから第二次性徴期が終わるまでは、個人差はあるとしてもカラダは大きくなっていきます。
この時期に栄養が足りないと、十分な成長ができません。

もちろん、食事による栄養だけでなく、適度な運動と十分な睡眠も成長していくためには欠かせません。
幼い頃から家の中にこもっていたり、睡眠時間が足りないと、成長が不十分になるおそれがありますので注意してください。